陽性結果から発生届までの流れ

陽性結果から発生届までの流れ

陽性者全員発生届を出す制度は9月25日で終了です。

21時以降に陽性判明した場合、
連携医療機関の電話連絡が翌日の日中〜夕方になる場合があります。
医師専用の携帯電話から発信します。

大阪府 陽性結果から発生届までの流れ

*大阪府陽性者登録センターへの登録には結果通知書が必要です。
上のボタンからお申込みください。

京都府 陽性結果から発生届までの流れ

*京都府陽性者登録センターへの登録には登録用紙の写真と結果画面の写真が必要です。
上のボタンからお申込みください。

奈良県 陽性結果から発生届までの流れ

*奈良県陽性者登録センターへの登録には結果通知書が必要です。
上のボタンからお申込みください。

Q&A

①発生届に、該当するかはどう判断しますか?

検査時に記載の登録用紙及び該当確認に応じて判断しております。該当する方には連携病院の医師から連絡の上、今まで通り発生届を提出します。

②検査時には大丈夫だったが、入院を必要とする場合どうしたらいいか?

オンライン診療の受診、もしくは保健所に電話連絡お願いします。

③今までは療養証明書を保健所からもらえたが、陽生者登録だけではもらえないがどうしたらいいか?

10/26以降の陽性者の方は提携の西梅田シティクリニックで診断書の発行が可能です。(2500円必要)
ご希望の方はお電話でお問い合わせ頂くか公式LINEにてお申込みください。検査結果のスクリーンショット等が必要になります。
※文書作成に10日間程お時間頂いております。

tel:06-4797-7009
lineid:@cityclinic